HAKU メラノクールホワイトリゾットの美白成分はシミを消し予防する

メラニン色素ができる仕組みは、紫外線を浴びると基底層にあるメラノサイトが活性化して、黒いメラニン色素を増やして防御します。これがターンオーバーによって表皮に押し上げられてシミになってしまうのです。

だから紫外線を直接肌に浴びないように日焼け止めなどの対策は必須になってきます。

それでも、ちょっとした油断から浴びてしまった時には、シミにならないうちにスキンケアをしておきましょう。
シミには段階がありまして、ごく初期のうちは美白化粧品等で対処することができますが、放置してしまうとレーザーなどで取るしかなくなります。

初期のうちは、シミになっている角質は薄いのですが、放置してしまうと何層にもシミが重なりあってそこにとどまり盛り上がっていぼ状になってしまいます。

これは、私のシミなんですが、肉眼で見る限りでは盛り上がっているようには見えません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スキンケアを頑張ってきたのでかなり薄い色になってきたので消えるかなと期待していましたが
マイクロスコープを使ってみると、盛り上がっているのが分かるかと思います。

simi-kakudai

自分でもそろそろ消えるシミだと思っていたのでちょっとショックです。

シミが何層にもなってしまうのは、ターンオーバーが正常じゃないってことです。
このシミの部分だけ角質が剥がれずに留まってしまうから厚みがでてしまいいぼ状になるんです。

パッと見た目には目立たないからそのままでもいいかな?と思いましたが、鏡を見るたびにやっぱり気になるんですよ

今回、購入したHAKUメラノクールホワイトソリッドは慢性角化エラーを改善してくれる成分が入っているそうなので
ちょっと・・・どころかかなり期待してスキンケアに励もうと思っています。

HAKU メラノクールホワイトリゾットに含まれている4MSKとm-トラネキサム酸という成分は資生堂が開発したものです。

[illust_bubble subhead=”美白成分としての特徴として” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”point-w1-l”]
[icon image=”check3-g”]メラニンを作らせない

黒化スパイラル状態をケアする

[icon image=”check3-g”]シミの成長を止める!

メラニンの過剰生成を抑制

[icon image=”check3-g”]メラニンのスムーズな排出を助ける

慢性角化エラー状態を予防

細胞分裂能力低下状態を予防

[/illust_bubble]

 

資生堂シミ予防研究所より

黒化スパイラル【こっかすぱいらる】
「シミの改善が、なかなか見えないのはなぜか」という疑問に資生堂が導き出した新知見。
シミ部位の肌は、メラニンの蓄積によって基底細胞の分裂能力が低下してしまっているが、これらの分裂能力が低下した細胞を埋め合わせるために、一部の細胞が過剰に分裂することで刺激因子が放出され、メラニンの過剰生成が加速していることが分かった。メラニンの過剰生成は、さらなる基底細胞の細胞分裂能力を引き起こすため、シミがどんどん成長してしまうという悪循環に陥っていることが明らかになった。
慢性角化エラー【まんせいかくかえらー】
「消えるシミと、消えないシミがあるのはなぜか」という疑問に資生堂が導き出した新知見。通常、メラニンは肌の生まれ変わりとともに肌表面へ押し上げられ、最後は垢となってはがれるが、シミ部位では皮ふの色に異常があるだけではなく、慢性的に角化※のプロセスが乱れていることが明らかになった。このため、メラニンが肌の中で逃げ場を失って絡みつき、消えないシミとなっていた。
※表皮が生まれ変わるプロセスで、角化細胞(ケラチノサイト)が一番下部にある基底層で分裂・増殖した後、性質や形態を変化させながら有棘層、顆粒層を経て角層を形成する段階のこと。