主婦湿疹がようやく治ってきました

若い時には、生理前や妊娠中などにホルモンバランスが崩れて、ニキビができたり肌トラブルになったりしてきましたよね
それと同じようなもので、更年期はもっともホルモンバランスが崩れる時です。

ホルモンバランスが崩れて起きる現象は様々ありますが、その一つに主婦湿疹があるようです。

私は、妊娠後期に主婦湿疹ができて、人前で手が出せないくらいにひどかったんです。
それが、出産して5日ほど入院している間にキレイに治ってしまった経験があります。

これは、出産によってホルモンバランスの崩れが治ったのと、入院によって家事を一切しなかったのが良かったのではないかと思っています。

更年期になって、再び主婦湿疹ができてしまって、一年くらいたちます。
皮膚科に行っても手袋をして炊事しなさいと言われるくらいだと人に聞いていたので皮膚科には行ってません。

私がとっている対策は、白井田七を飲んで、洗剤を使う家事の時には必ずビニール手袋を着けることと、手湿疹用の塗り薬を塗っていただけでした。

塗り薬は2本使いましたが、一向に良くなりません。
一進一退と言った感じで、ひどい時には手を掻き毟り過ぎて、体液が出てくるくらいでした。
また、指先がちょっとしたことで切れてしまったり、手のひらがシワシワになって親指などは指紋まで無くなってしまったのです。

何が悪いんだろうと考えていた時に、そういえば・・・

家事をする時には手袋をつけるけど、お風呂ではさすがに手袋はしていません。
いままで、主婦湿疹ができる原因が台所洗剤のせいだと思っていたから、他の洗剤にたいしてはあまり気にしていませんでした。

もしかしてと思い、シャンプーやボディーソープなどはいままで通りにしていたのを、アミノ酸シャンプーのリマーユヘアシャンプーとトリートメントに変え、ボディーソープを石鹸に変えてみました。



界面活性剤なのか防腐剤なのか、それまで使っていたシャンプーだと手がピリピリしていたのが、アミノ酸シャンプーに変えてからは、全然痛くなくなりました。

シャンプーを変えて数日たったころに、湯船につかって手を擦り合わせていたら角質がポロポロと剥がれてきたんです。
古い汚くなった角質が取れたのかなと思いましたが、強引に手を擦り合わせて剥がしてしまってはターンオーバーがまた狂ってしまうだろうと思い、擦りたいのを我慢して、お風呂上りもそっとタオルで押さえるように水分をとり、薬用ハンドクリームを塗ってみることにしました。

塗ったのはこちらの薬用クリーム

お風呂上りと寝る前にしっかりと塗って寝るようにしたら、3日ほどで痒みと指先がキレることがなくなったのです。
手のひらがシットリしてきてシワシワも薄くなってきました。

いままで、やってきたことの結果と、ハンドクリームが仕上げになったようです。
更年期と言うのは、ホルモンの関係から体質も変わるみたいで、食べるものや化粧品だけじゃなく洗剤等に入っている成分にも気を使わないと大変なことになるんだとシミジミ思いました。