活性酸素って何でしょう

活性酸素って言葉を耳にしてから随分経ちますが、活性酸素って何でしょう
酸素とは違うんでしょうか?名前だけだと体に悪いってイメージはありませんよね

 

呼吸をして酸素を体に取り込むと細胞に運ばれて糖分や 脂肪を燃やして
エネルギーに変換しますが、その内の2%ほどが活性酸素になります。

この活性酸素は、体内に入ってきた細菌やウィルスを
白血球と共に排除する役目を持っています。

ここまでなら体にとって有益な存在ですよね

ところが過剰に活性酸素が増えてしまうと増えた分の
活性酸素は体の中の細胞などにも攻撃をしてしまうんです。

人間の体の中にある細胞は細胞膜で覆われています。
細胞膜は「不飽和脂肪酸」という脂で出来ていて活性酸素は
その脂を酸化させてしまうのです。

天ぷらを揚げる油も何度か使うと酸化して黒くなりますよね
同じ現象が細胞膜に起きているのです。

酸化とは、金属が錆びるのと同じことなのです。
人間の体も錆びてしまうんですよ

そして、この錆びるってことは、多くの病気の原因になったりします。
また、体を老化させ皮膚のしわやシミ、痒みの原因でもあるんです。

なぜ?増えてしまうのか

原因は多岐にわたっています。

 

  • 紫外線を浴びたとき
  • ストレスを感じているとき
  • 食品添加物を摂取したとき
  • 酸化した食べ物を食べたとき
  • 激しい運動をしたとき
  • 大気汚染された空気を吸ったとき
  • 睡眠不足のとき
  • 大量のお酒を飲んだとき
  • タバコを吸ったとき

 

 

増えた活性酸素を減らすには

人間の体の中では抗酸化物資をつくる事ができますが
年を重ねるごとにその能力が衰えてきます。

 

20歳をピークに徐々に減ってきて80歳になると作られなくなります。

SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンという
酵素の一種が活性酸素を害のない物質に変えてしまいます。
この3つの酵素はスカベンジャーと呼ばれています。

また、体内で作るだけではなく経口で摂取することもできます
ビタミンC・ビタミンE・β-カロテン・ビタミンB群・赤ワイン・ココア
ミネラル・亜鉛・セレン・カロテノイド・カテキンなどに
活性酸素による酸化を押させる物質が含まれています。

 

活性酸素を体内で増やさないためにも生活環境を見直し
食事内容も見直して少しでも老化するのを遅らせましょう