白井田七のすごい効果を体験

白井田七を飲み始めて1周間が経過しました。
体感としてすごく変わったのかは目に見えてわかりませんでしたが、そう言えばという感じでわかってきたことが多々あります。

白井田七を飲むきっかけは更年期障害と思われる現象

気力がわかない!何もする気が起きないんです。

例えば、家事関係でいえば、いままで風呂掃除、トイレ掃除、掃除機をかけるなどの一連の動作をすんなりできなくなっている。

1つ1つの作業に時間がかかるし、1つ終わらせるごとに椅子に座って休憩しながらなんです。一気に片付けようと思ってもできなくなってしまったんです。
サボりぐせがついてしまったのか?本来は怠け者なんじゃないかと自分を攻めてしまってました。

気力と共に疲れやすくもなっていたから余計に仕事がはかどらない
それでも、職場に行けばそれなりに動けていたので、怠け者説が頭から離れませんでした。

疲れやすいので、何かいい物がないかなと検索していて更年期になると起きる現象とわかり、少し安心?したところもあります。

あと、ホットフラッシュなどを軽減させたくて「藁にもすがる」というのは大げさですが
何とか出来ないかなという軽い気持ちで更年期全般に効きそうな白井田七を飲み始めました。

[illust_bubble subhead=”あれ?動けている!” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w3-l”]
白井田七を飲み始めて、3日位して家事をおっくうに思わなくなっていたんです。
更年期に入るまでは出来ていたから不思議に思わなかったけど、気がついたら「あれ?動けている!」って思ったんですよ[/illust_bubble]

そして、何か考えることや頭のなかを整理するということも放棄していたところがあったのが、ちゃんと考えることも出来るようになっていました。

これって経験してみないとわからないでしょうが、問題を解決しようとして考えるんですが
頭のなかに何も思い浮かばないというレベルじゃないんです。

真っ白というか真っ黒に塗り潰されていて、気が付くと何も考えないで済むことばかりしてました。

ブログに記事を書こうと思っていても何も出てこないって状態です。

それが、思考が戻ってきた!

でもね

これは、単純な私のことだからプラシーボ効果だったかもしれませんよね

すごい体験とは

2日ほど前に、ペットボトルでちょっとした工作をしていたんです。

千枚通しでペットボトル穴を開けていたところ、手が滑ってしまって指先に「ブスッ」とさしてしまったの、指先からはポタポタと血が垂れてきたけど、ティッシュで血を押さえて作業を進めていました。
(刺した瞬間は痛いと感じましたが、その時だけなので作業を続けられたから)

1分位ティッシュで押さえていたのを剥がしてみてみると、血は止まっていました。
(今までの経験から、こんなに早く血が止まったことはありません。)

何より驚いたのが、ハリでおもいっきり刺すと後がズキズキと痛いですよね

それが全然痛くないんです。

刺した後すら見つからないくらいに何事もなかったような状態なんですよ

これが田七人参の「血を止め、血を散じ、痛みを鎮める」の効果なんだと感心してしまいました。

この傷の治りの早さを体験したのは私だけではなかったんですよ

更年期