界面活性剤が入った物を使ってもいいの?

洗剤

化粧品にはいろいろな種類の界面活性剤が入っていますが、それは危険ではないんでしょうか?
また、危険だとしたら何が危険なのか知っておいたほうがいいですよね

原因を知っていれば対処もできるし、もしかしたら認識が間違っているかもしれません。

 

界面とは、2つの性質の異なる物質同士の境目をいい
性質の違った物質同士は混ざり合わないから境目ができるんです。

 

その境目をなくして混ざり合わせることができるのが界面活性剤なんです。

 

コップに水と油を入れると混ざり合わずに上下にわかれますよね!
その中に、液体洗剤をいれると白っぽくなって混ざり合いませんか?
それは、界面活性剤が作用しているから混ざるのです。

 

化粧品の成分表をみるとたくさんの物質が使われているのを知ることができます。
そのたくさんの物質はバラバラになっていては使えませんよね
バラバラの物を一つにまとめて使用できるようにしているのが界面活性剤なんです。

 

[icon image=”check-b-r”]化粧品に含まれている界面活性剤の仕事内容
[check_list image=”check1-r”]

  • 洗浄効果⇒洗顔料やシャンプーは汚れを取り除きます
  • 起泡作用⇒泡で汚れを包み込み落としやすくします。
  • 乳化作用⇒クリームや乳液などを作るとき油と水をむら無く混ぜ合わせます。混ぜ合わされると白く濁ります。
  • 分散作用⇒口紅やファンデーションの色素を均一に散らす
  • 可溶化 ⇒油性のものと水性の物を混ぜあわせますが、乳化と違い、色は透明なままです。
  • 帯電作用⇒リンスなどに使われていて静電気を防止します。
  • 殺菌作用⇒逆性石けんなどに使われている陽イオン性のものは細菌に吸着して細菌を壊します。

[/check_list]

 

界面活性剤の仕事を見てみると危険なことはなさそうですね
では、なぜ界面活性剤は危険って言われることがあるのでしょうか

 

界面活性剤をカテゴリ別にすると、天然系と石鹸、そして化学的なものとに分けられます。

天然系とは、卵黄レシチンや大豆レシチンなどのことで、食品の乳化剤として使われています。
石鹸は動植物の油脂から製造されていています。

 

天然系の合成界面活性剤は、天然素材を原料として化学合成されたものです。
石油系界面活性剤は石油を原料として、アミノ酸系界面活性剤はアミノ酸を
原料として化学合成したものです。

 

危険だと問題にされているのは石油系の化学合成されたものです。
身の回りにある製品や化粧品等など、大体の物に界面活性剤は使われています。

 

昔は、食器洗いにコメのとぎ汁を使っていました。
今ほど油料理ってなかったんでしょうね

 

コメのとぎ汁でハンバーグを焼いたフライパンを
洗おうとしても綺麗にならないんです。
油が取れないんですよ!

 

お化粧も石鹸で落とそうとして2度洗い、ダブル洗顔しても油分が残っている気がするし
泡が大きいからすぐ潰れる、だからゴシゴシ擦ってしまうんです。

 

界面活性剤はもう、生活から切り離せなくなっているんですね
使われだしてまだ30年ほどなので、体内に蓄積されたものが
どのように作用するのか誰にもわからないのです。

 

書籍等で危険と書かれているのが、タンパク質を溶かす性質があるので体内に入って
皮膚や内臓を壊し、発がん性物質とともに発ガン率も高めているとなってます。

 

でもこれも、確証がある話ではありません。

 

なければ困る!でもできるだけ使いたくない!
その妥協案として、界面活性剤の中でも安全と言われているものが
入っているものを選び、そして少量を使うようにするしか無いと思うんです。