乾燥肌にうるおいを与える方法

ILM16_CA01006s

自分の肌タイプがおおよそ分かったらそれに合わせたケアをしていきましょう
乾燥肌にうるおいを与えるにはセラミドが必要なのです。

 

乾燥肌は水分不足と思われがちですが、皮膚の中の水分を
保っているのはセラミドなのです。

 

 

そのセラミドが不足してくると水分を保持することが
できなくなって乾燥してきてしまいます。

 

なので、対策としては足りなくなったセラミドを補充することになります。

 

セラミドを補おうとセラミドが含まれている食品やサプリメントを沢山とっても
そのまま皮膚のセラミドになるわけではありません。

 

コラーゲンなどと一緒で、一旦分解されてから再構築されて吸収されるのです。
皮膚のセラミドを増やすためには、皮膚に直接働きかけて行くほうが早いんですよ。

 

セラミドを補う為には普段使用している化粧品等の見直しをしてください。

 

[icon image=”check3-r”]クレンジング

化粧を落とすためのクレンジングに含まれる界面活性剤は
セラミドも溶かしてしまっているのです。

 

油性の化粧品を落とすにはどうしても必要なものですが、
オイルクレンジングやリキッドタイプは強いので避けてクリームタイプを使い、
使用する時間は40秒くらいになるようにしましょう

 

その後の洗顔には界面活性剤を使用してない石鹸タイプの洗顔を使用するといいですよ

 

[icon image=”check3-r”]保湿美容液

セラミド配合の美容液からセラミドを補給します。

 

その際に気をつけて欲しいことは、本物のセラミドが配合されているかを
確かめてから購入するようにしましょう

 

セラミド配合と書かれていても擬似セラミドの場合があるからです。

 

また、粘性が少なくサラサラしているような美容液はセラミドが
少なく効果がない場合があります。

 

購入の目安としては、美容液(30ml)1本3000円以上の物を選びましょう
セラミドは原料としてとても高価なので安く売ることができないからです。
セラミドの種類についてはこちら

 

[icon image=”check3-r”]化粧水

最近は、化粧水にもセラミド配合とありますが、セラミドは脂質なので水に溶けません。
なので化粧水の中に含むことはできないのです。
セラミドを含ませることができるのは美容液やクリームなどです。

 

セラミドを体内で生成させるためには睡眠が重要

皮膚の代謝は睡眠中に行われます。
成長ホルモンなどの分泌は22時から2時ころまでの間と言われています。
皮膚代謝もこの時間に行われているので、遅くてとも24時くらいまでには
寝るようにして規則正しい生活を心がけましょう

 

[deco_bg image=”postit1″ width=””]まとめ

乾燥肌にうるおいを与えそして保つ為には
○クレンジング剤を見直す
○美容液に含まれているセラミド成分を確認
○遅くとも24時には寝るようにする[/deco_bg]