シワやたるみを改善するには真皮層の修正

0-05s
出来てしまったシワやたるみを無くすことは難しいですが目立たなくさせることはできるんです。
また、これ以上深いシワやたるみにならないように予防することもできます。


真皮層を構成している繊維タンパクの乱れを修正しないで
皮膚表面だけを化粧品等でケアしてもキレイにならないんです。

 

何事も基礎が大切ですよね

 

真皮層は皮膚の基礎です。

 

真皮層のほとんどがコラーゲンとエラスチン後は
それらの隙間を埋めるヒアルロン酸などです。

 

コラーゲンは食品に含まれていますがコラーゲンを食べても
それがそのまま欲しい部分に合成されるわけではないんです。

 

それなら化粧品で皮膚から吸収させればいいと思いますが
コラーゲンの分子構造が大きくって入っていかないんですよ

 

今は、ナノ化されたコラーゲンもありますので
皮膚内部に吸収されることもありますが、コラーゲンとして
真皮内部に定着することはありません。

 

コラーゲンは体内でアミノ酸の合成でできますから
そのものを体内に取り込んでもダメなんです。

 

じゃあどうすればコラーゲンを修復出来るのか?

 

ビタミンAの一種であるレチノールを皮膚に塗って吸収させると
コラーゲンが増えたという実験結果があるんです。

 

コラーゲンを生成するためには、アミノ酸以外にビタミンCやビタミンAが必要なのです。
それを皮膚から補うことで真皮層のコラーゲンが増えるんですよ

 

レチノールはターンオーバーの機能を整えてくれる働きもあるので
使い続けていると皮膚の肌理が整ってきますよ

 

レチノールの含まれている化粧品とビタミンC誘導体を肌につければ
コラーゲンが増えてシワやたるみが目立たなくなってきます。

 

敏感肌の方にはビタミンC誘導体がキツイ場合もあります。
その時は、ナイアシンの入った化粧水や美容液を使って下さいね

 

この、レチノールやビタミンC誘導体を皮膚に塗っても
皮膚に浸透していかなければ効果がでませんよね

 

ですから、先に皮膚に残っている古い角質を取り除くためにも
ピーリングをしてから塗るとより効果的です。