厚生労働省が医薬部外品の美白の有効成分として認めたもの

医薬部外品というのは「医薬品」ではないが「医薬品に準ずる」ものです。
厚生労働省が効果を認めた成分を、効果を認めた率で配合した製品に対して
おりる認可の事です。

皮膚に使っても安全で効果があるということです。

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
酵素チロシナーゼの活性を抑え、慢性角化エラーに作用して
溜まったメラニン色素を排出する。
メラニンの生成を抑制する

D-メラノ(TM)
メラノサイトの中にあるMITFに働きかえメラニン生成の指令を
出すのを阻止する。
メラノソームを表皮細胞に受け渡さない働きがある成分。
マックスファクターが開発した美白成分です。

ニコチン酸アミド
水溶性のビタミンB3。ナイアシンD-メラノともいう。
メラニン色素が表皮細胞に受け渡されるのを抑制する。

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)
情報伝達物質プロスタグランジを抑制する効果がある。
抗炎症剤としても使われているので、ニキビ跡の
色素沈着にも効果的です。

TXC(トラネキサム酸セチル塩基塩)
情報伝達物質プラスミンの生成を抑えメラニン色素の発生を
抑制します。
肝斑に対して最も有効な成分です。

アルブチン(β-アルブチン)
コケモモやウワウルシ、西洋ナシなどから抽出された成分。
チロシンとチロシナーゼが結合するのを防ぐことで
メラニン生成を阻害します。
通常アルブチンと表記されているのはβ-アルブチンのことを指します。
資生堂が開発した成分です。

エナジーシグナルAMP(アデノシン-リン酸二ナトリウム OT)
ターンオーバーを促すことでメラニン色素の蓄積を抑えます。
大塚製薬(株)が開発した成分です。

カモミラET
カモミールから抽出される成分で、情報伝達物質エンドセリンを
抑制します。
抗炎症作用を併せ持っています。
特に老人性色素斑に効果があります。

コウジ酸
麹のこうじ菌から抽出された成分でチロシナーゼの働きを抑える
チロシナーゼ阻害剤です。

トラネキサム酸
メラノサイトの活性化を抑制する。
チロシナーゼの働きを抑制する。
肝斑にもっとも有効だと言われています。
資生堂が開発しました。(m-トラネキサム酸)

ビタミンC誘導体
リン酸型ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えたもの。
チロシナーゼ抑制効果があり、抗酸化作用も持つので、
アンチエイジングやニキビの炎症を抑えるのにも役立つ

リノール酸
サフラワー油などの植物油から抽出される。
チロシナーゼの量を減らす効果があるので
メラニンの生成を抑制することができます。

また、メラニンの排出を促す働きもします。

ルシノール
シベリアのモミの木に含まれる成分。
チロシナーゼ活性阻害効果があり、その効果はコウジ酸や
アルブチンより高いです。
ハイドロキノンと似た構造を持っている

ロドデノール
チロシナーゼ活性を拮抗阻害する働きと、チロシナーゼタンパク質の
分解を促進してメラニン生成を抑制する働き、そしてチロシナーゼ関連酵素に
働いてユウメラニン(黒色メラニン)を顕著に減少させる働きがあります。
カネボウ化粧品が開発

マグノリグナン
植物に含まれる天然化合物を元に作られた成分。
チロシナーゼ酵素の働きを抑制してメラニンの生成を抑える働きがあります。
肝斑に効果的です。
カネボウ化粧品が開発

プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出された成分。
古くからメラニン生成を抑制する作用があるといわれ
メラニン生成抑制作用以外に、角質融解作用、細胞生成を
活発にして新陳代謝を高める

エラグ酸
イチゴやベリー系のものから抽出された成分で
ポリフェノールの一種で抗酸化作用が高い
メラニン色素を合成するチロシナーゼ酵素の働きを抑制します。

医薬部外品として認められていないけど効果のある美白成分

グラブリジン(油溶性甘草エキス)
甘草という漢方薬から抽出した成分。チロシナーゼを抑制する働きがある。
消炎効果もあるため、かぶれにくく肌の弱い人でも比較的使いやすい

ハイドロキノン
皮ふ科やクリニックで処方される薬剤。
チロシナーゼの働きを抑える働きがある。
濃度が高いと、刺激が出やすい傾向にある。