シミの種類を知ってからシミ取りをしましょう


気がついたら顔にシミができていた!「最近は日焼け止めも塗って気をつけていたのに・・・」
と、最近の日焼けがシミになって出てきたと思われるでしょうが、シミは今まで受けていた肌ダメージの積み重ねで出てくるのです。

老人性色素斑(日光黒子)

若い頃からのツケが年齢を重ねて出てくるのが
老人性色素斑です。

早い人では、20代から出てくる人もいる皮膚の
老化現象になります。

40代~50代くらいから紫外線にさらされやすい顔や手の甲、腕などにできるシミのことです。

光老化で暴走したメラノサイトによって大量に作られたメラニンをターンオーバーで代謝する能力が衰えてきたためシミになって残ってしまうのです。

 

肝斑やそばかすと違ってシミの部分がはっきりとしています。

大きさは、数ミリから数センチまで様々です。
老人性色素斑から脂漏性角化症に移行することもあります。

脂漏性角化症

加齢によって増えてくる良性の腫瘍が脂漏性角化症です。
年齢を重ねるだけではなく遺伝的なものもあるといわれています。

高齢になってくると全身何処にでも出来ます。
大きさは数ミリから2~3センチで、色は黒ぽい褐色・褐色・皮膚に近い色と様々です。
特徴としてわずかに盛り上がっているか、イボのように突出しています。

角質の代謝でいずれなくなると言うことはありません。

 

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが崩れてできるのが肝斑と言われています。
妊娠中やピルを飲んでいるとき、更年期などにできやすいシミです。

特徴として両頬骨あたりにべったっと繋がったようなシミになります。
まれに額や鼻の下にできることもあります。

 

 

 

 

雀卵斑(そばかす)

遺伝性のシミで色白の人に多く10代のころに出来始めます。
鼻の付け根あたりを中心に頬全体に細かいシミが散らばります。

遺伝性なので、そばかすを取る治療をしても再発することがあります。

 

 

 

 

 

後天性真皮メラノサイトシスADM(Acquired Dermal Melanocytosisの略語)


肝斑やそばかすに間違われることが多いのが、ADM(後天性真皮メラノサイトシス)です。
そばかすは10代で出てきますが、ADMは20代になってから出てきます。

色も、他のシミとは違って灰色や青にもみえます。
ホントはシミではなく太田母斑に近いものでアザに分類されます。

遅発性太田母斑様色素斑と呼ばれてもいました。

肝斑やそばかすが一緒にある場合にお医者さんでも間違えることがあるようです。

コメカミのあたりや目の下鼻の両脇などにできますが範囲は広くないです。
片側だけの時もあります。

 

炎症性色素沈着

ニキビの跡や傷跡などがシミになって残っていることをいいます。
若ければターンオーバーで綺麗になりますが、皮膚老化が進んでいると
そのまま残ってしまうこともあります。