光線過敏性皮膚炎症

光線過敏症とは紫外線を浴びたことによって発生する皮膚炎のことです。
日焼けとはちょっと違っていて一定の物質が光に反応することで起こります。

 

 

 

光線過敏症がおきる原因は外因性のものと内因性のものがあるんです。

外因性の場合は、外から体内に取り込んだ薬などが原因で起こる皮膚疾患
内因性は遺伝や代謝疾患・栄養障害、免疫異常などです。

外因性は「光毒性皮膚炎」と「光アレルギー性皮膚炎」とに大別されます。
内因性は「色素性乾皮症」「多形日光疹」「慢性光線性皮膚炎」などがあります。

こちらでは、シミが出来る外因性の皮膚炎について説明しますね

 

光毒性皮膚炎

食べたり飲んだりして経口摂取するか、皮膚に貼る塗るなどの接触で
クロモフォアを体内に取り込んだ後に光線(紫外線UVAが主)を浴びると
化学変化を起こして抗原となり皮膚に炎症を起こさせます。

 

経口するものでは、薬や食品などに含まれる物質です。
貼る・塗るは、化粧品・香水・果汁・タールなどに含まれる物質です。

 

体内に入れた物質が光によって毒に変わるので光毒性皮膚炎と呼ばれています。

※クロモフォアとは光(日光や紫外線など)を吸収する物質の事をいいます。

 

潜伏期間がない

光毒性皮膚炎は、クロモフォアやフロクマリン類が体内に残っている時に
光線(紫外線)を浴びるとすぐに発症します。

症状

皮膚表面が赤くなり、かぶれたような状態になります。
特にベルガモット油による光毒性皮膚炎は色素沈着(シミ)が著しい。

ベルガモット油による光毒性皮膚炎をベルロック皮膚炎と別の名で呼んでいる

光アレルギー性皮膚炎

 

IV型アレルギー反応で起きる皮膚炎です。
人間の体は、毒物が体内に入ってきたときその毒物に対しての抗体を作って
次に入ってきた時の為に備えて、免疫ができます。

 

一方で、蜂で有名になったアナフィラキシーショックは、毒の抗体が体内にできて
次にその毒が体内に入ったときに過剰反応してショック状態に陥ることになります。
軽度ですが光アレルギーにも当てはまるんです。

 

体内でのクロモフォア(光抗原)が感作されるまで
クロモフォアを体内に取り込んだ後、紫外線に暴露されるとクロモフォアが光抗原になります。
光抗原は生体蛋白と結合、その結合した物をマクロファージやランゲルハンス細胞が捕食されてT細胞に情報を提示することで、免疫反応が起きます。

 

【感作とは】
・アレルギー反応を起こす原因物質に対して免疫機能により抗体がつくられ、
次に侵入してきたときにすぐに対処できるようにしておくこと。
・生物体を抗原で前処置してアナフィラキシーの状態におくこと

 

最初の抗体が出来た時は、皮膚炎症は現れません。

しかし、次に抗体のできたクロモフォアが体内に入って紫外線を浴びたときは
一斉に攻撃が始まるので酷い皮膚炎になってしまうのです。

 

そして、抗体のできたクロモフォアに似た物質が入って来た時も
同じようなことが起きてしまうこともあるのです。

 

光アレルギー性皮膚炎は誰でも発症するわけでは有りませんが
どんな人が発症するかは分かっていません。

 

抗体ができているかを調べるには病院で光パッチテストを受けてください。

潜伏期間がある

クロモフォアを体内に入れて直ぐに反応が出るのではなく
半日から2日ほどたってから症状が出てくるのが特徴です。

一度、抗体ができてしまうと、同じことが繰り返されます。

症状

赤くなり、かぶれたような状態になり、その後日増しに水膨れができ炎症がひどくなります。
炎症が治まってもその部分がシミになって残ってしまいます。

クロモフォア(光抗原)になる物質は

薬剤は、非ステロイド性消炎鎮痛剤などに含まれているケトプロフェン(Ketoprofen) や
スプロフェン・ピロキシカムなどとニューキノロン系の抗生物質などがあります。
病院から処方されたモーラステープでの被害が多く報告されています。

他にも次のような薬剤からも被害報告があります。

ピリドンカルボン酸系薬剤
テトラサイクリン系薬剤
サルファ剤,タール製剤
チアジド系薬剤
ポルフィリン系薬剤
フェノチアジン系薬剤等

向精神薬・利尿薬・経口糖尿病薬・抗菌薬などにも多いようなので
この系統の薬を飲んでいる場合は、病院で聞いてみてくださいね

食品や植物からのフロクマリン(光抗原)

フロクマリンとは光線によって免疫反応を引き起こさせる物質の事をいいます。

フロクマリンを含有する食物
セリ科・ミカン科・クワ科などの柑橘類や野菜などです。
セロリ・パセリ・ライム・ニンジン・イチジク・カラシ・そば
アメリカボウフウ(パースニップ)・ベルガモット精油
ドクダミ・アカザ・鮑の内臓(海草の葉緑素を蓄積)

※アメリカボウフウ
根をハーブとして利用する。白いニンジンのような感じ。
根に甘みがありヨーロッパではスープや煮物に使われています。
花は黄色の散形花序でセリ科独特の形状。

薬剤等は、体内に長く留まっていますが、食品等は数時間で消化してしまいますので
紫外線に当たらない夜に食べるようにすれば問題はありません。

シミ対策に朝からレモンパックをしてから外に出て紫外線にあたると
パックしたレモンの形に炎症が起きてしまうので、注意しましょう。
想像しただけで怖いですね

 

光線過敏症を起こすおもな薬剤

ケトプロフェンを含有

ライラテープ40mg/20mg 【日医工】
レイナノンテープ20mg 【日本ケミファ】
ロマールテープ40/20 【持田製薬】
フレストルテープ40mg/20mg 【東和薬品】
パッペンKパップ60mg/30mg 【佐藤製薬】
タッチロンテープ40/20 【三和化学研究所】
ケトプロフェンテープ40mg/20mg 【日医工】
ケトプロフェンパップ30mg 【日医工】
タッチロンパップ60/30 【三和化学研究所】
モーラステープL40mg/20mg 【久光製薬】
モーラステープL40mg/20mg 【祐徳薬品工業】
モーラスパップ60mg/30mg 【久光製薬】
リフェロンテープ30mg 【沢井製薬】
ミルタックスパップ30mg 【第一三共エスファ】
レイナノンテープ40mg 【日本ケミファ】
セクタークリーム3% 【久光製薬】
セクターゲル3% 【久光製薬】
セクターローション3% 【久光製薬】
ケトプロフェン坐剤75mg/50mg  【タナベ 長生堂製薬】
ライラテープ 【日医工】
メジェイド坐剤75 【日新製薬】
オルサポス坐剤75/50 【長生堂製薬】
アネオール坐剤75/50 【岩城製薬】
ニックールK 【日医工】
リフェロン 【沢井製薬】
レイナノンテープL 【日本ケミファ】
レイナノンテープ 【日本ケミファ】
エパテッククリーム3% 【ゼリア新薬工業】
エパテックゲル3% 【ゼリア新薬工業】
エパテックローション3% 【ゼリア新薬工業】
オムニードケトプロフェンパップ 【テイコクファルマケア】
メトキサレンを含有

オクソラレン錠10mg     【大正富山医薬品】
オクソラレン軟膏0.3%     【大正富山医薬品】
オクソラレンローション0.3% 【大正富山医薬品】
オクソラレンローション1% 【大正富山医薬品】

他の薬剤
エノキサシン水和物,ロメフロキサシン塩酸塩,シプロフロキサシン,スパルフロキ
シン,ノルフロキサシン,トスフロキサシントシル酸塩水和物
ニューキノロン系抗菌薬
テトラサイクリン系抗菌薬 ドキシサイクリン塩酸塩水和物
ケトプロフェン,ピロキシカム,アンピロキシカム,ジクロフェナクナトリウム,ナ
プロキセン,チアプロフェン酸
非ステロイド系抗炎症鎮痛薬
降圧利尿薬 トリクロルメチアジド,ヒドロクロロチアジド,メフルシド,フロセミド,メチクラン
β遮断薬 チリソロール塩酸塩
カルシウム拮抗薬 ジルチアゼム塩酸塩,ニフェジピン
抗腫瘍薬 ダカルバジン,テガフール,テガフール・ウラシル配合剤,フルタミド
向精神薬 クロルプロマジン塩酸塩,レボメプロマジン,プロクロルペラジン
抗結核薬 イソニアジド
サルファ剤 サラゾスルファピリジン
抗ヒスタミン薬 プロメタジン塩酸塩,メキタジン,ジフェンヒドラミン塩酸塩
ビタミン B6 ピリドキシン塩酸塩
局所麻酔薬 ジブカイン塩酸塩
筋弛緩薬 アフロクアロン
抗てんかん薬 カルバマゼピン
糖尿病治療薬 トルブタミド,グリベンクラミド
生 薬 クロレラ