肌再生への決意

マイ画像

 

 

 

 

 

 

この写真は3年前のものです。

 

私は、53歳のおばさんです。

女は何歳になっても自分のことをおばさんとは言いたくないですよね
なのに、自らおばさんと言っているのには理由があります。

本当におばさんなんです。
上の写真と比べてみてもわかる通りにおばさん化が進んでます。
マイ画像

 

 

 

 

 

 

 

 

若い頃から美容というものに関心がなかったため
何の手入れもせずにこの年まで来てしまったから

[check_list image=”check1-r”]

  • 細かいシワ(ちりめんジワ)
  • くっきり目立ってきたほうれい線
  • 目の下辺りから出始めたシミ
  • 顔全体が垂れてきてブルドックのよう
  • 10キロは体重が増えてしまった

[/check_list]

比較対象にするのが間違いかもしれませんが
同じ年の芸能人を見ていると、手入れの違いでここまで
差がつくんだと反省させられます。

 

私の周りにいる人生の先輩方を見ていると、とても焦ります。
くっきり出てきた老人性色素斑や脂漏性角化症、そして深いシワ

 

もう、顔中がまだらになってシワシワな方も居ます。

 

子供が3人いますが、男の子ばかりなので小学生の時には3人ともが
少年サッカーチームに所属していて親はそのサポートに回っていたんです。

 

13年間くらいは、お日様に晒されるような生活をして来ました。
そろそろ紫外線の影響も出始めてきて本格的に肌のことを
考えてケアをしなければ間に合わなくなるかも・・・
と考えて勉強を始めたんです。

 

勉強を始めてからどれだけ自分が肌に対して
ひどいことをしていたのがを知りました。
でも、同時にまだ間に合うんだってことも知ったんです。

 

日頃の手入れしだいで、肌再生は可能なんですね
細胞の再生能力に脱帽です。

 

加齢で細胞の再生能力が衰えてきても活性化させることも出来るようだし
硬くなった皮膚を柔らかくさせることもできるみたいです。

 

その為には生活習慣や食生活そしてスキンケア用品やサプリメントなどを取り入れる
幸い子育てが終われば、自分の自由にできるお金も少しは出来てきたので
自分に投資をして、美魔女と言われないまでも、昔と変わらないわね
と言われるようにしたいですね

 

もう一つ肌再生に取り組む理由は、ダイエットを始めようと考えた時、
伸びるだけ伸びた皮膚がダイエットによってシワシワにたるむのが想像できたから
同時に肌の柔軟性を取り戻せばダイエットを成功させた時醜くならずに済むのではと思ったんです。

 

で、勉強をしていくなかで、スキンケア用品の多いこと
何を選べばいいのか迷って決められないんですよ

 

そこで、自分がこれは?っと思ったものを片っ端から試してみて
自分自身の肌で検証してみようと思いました。

 

人生80年の時代です

 

まだ30年はあります。

 

そして、私の検証があなたの参考になれば幸いです。

コメントを残す